この食感は、正に稲庭うどん!一度食べてみる価値、大有りですよ(*^^)v


秋田県の贈答品No.1の「稲庭うどん」 その製法で作られた中華そば、それがこちら「稲庭中華そば」です。それを提供するお店「稲庭中華そば 秋田本店」がオープンしました(^O^)/

稲庭うどんと言えば、そのツルツルした食感と喉越しが特徴です。稲庭中華そばは、その名の通り、その味わいを兼ね備えた中華そばなのです。しかも、一般的に中華そばの麺は生麺なのですが、こちらは稲庭うどん同様「乾麺」なのも特徴の一つです。

お宿の予約は、下のバナーからどうぞ!

スープは、予想に反して比内地鶏の鶏出汁を中心とした動物系で、すっきりした飲み口の中にも深いコクが感じられます。稲庭うどんのイメージでしたので、醤油味かと思いきや、良い意味で裏切られました(*^^*)

最大の特徴は「なめこ」ですね!木耳なら博多ラーメンなどで食べたことありますが、なめこは中華そばでの記憶はありません。ところが、天然のなめこのぷりぷり感が、麺とスープとの相性が抜群なんです。

また、シナチクではなく「根曲竹」を使っているのも面白いです。独特の歯ごたえが美味しいです。チャーシューではなく、豚バラ肉と比内地鶏肉のダブルのトッピング。私的には、豚バラは要らないかな(;^_^A あくまで、私的見解ですよ。

元々、稲庭中華そばの乾麺は、道の駅や秋田県名産品売り場などで販売されてました。秋田県内のお店より先に県外のお店が、その味を認めてメニューに採用し、徐々に範囲を広げ、満を持して秋田県内に専門店が出来た次第です。

夜の訪問は初めてでしたが、新メニューの「ワンチャンラーメン」が出来てました! こちらは「生麺」で、稲庭中華そばとは全く違う、幅広縮れ麺です。モチモチの食感が楽しめます。スープも、鰹出汁中心の魚介系あっさりスープで、こちらもまた違った味わいです。両メニューを一人で食べるのは厳しいでしょうから、複数で訪問しシェアするのも良いかもね(#^.^#)

下のバナー、ポチって応援お願いします(*´ω`*)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
にほんブログ村
0

投稿者: 無駄に早起きなオッちゃん

加齢とともに早朝目覚める「無駄な早起き」なオッちゃんとなりました(;^_^A そんな無駄に早起きの時間を有効利用と、ブログを始めてみました(#^.^#) 日常の風景やランチなどを投稿していきますので、ぜひご覧になって下さいませ(^_-)-☆