湯沢市民のソウルラーメン!この表面張力を見よ(*’▽’)

どこの街にも、そこの名物と言えるお店や食べ物ってありますよね?
秋田県湯沢市の名物と言えばこちら、「長寿軒」さん! メニューは2種類、「ラーメン」と「ラーメン大盛」のみ!

見てください、このスープの表面張力を!これを店員さんが運んできてくれるんです。店員さんの手、大丈夫なのか心配です(*_*;
濃い目の醤油スープは動物系で、表面にその脂が旨味として浮いてます。でも、決して脂っこくはないですよ。麺は、普通の太さのストレート麺。コシは柔らかめで、食管はモチっとしています。スープが絡みすぎず、スープに合ってますね(*^^*) 
全体のバランスが整っている渾身の一杯ですな。

具材はオーソドックスに、ネギ、メンマ、チャーシュー、ノリですが、「お麩」も載ってます。このお麩、秋田県南では結構具材に使われており一般的なんですが、他から来た方は多少違和感持つようですね(笑) スープを吸ったお麩も、ラーメンの具材としては良いものですよ(^_-)-☆

元々人気店でしたが、テレビ等でも紹介され、休日だと長い行列ができるほどです。駐車場が多店舗と共同で6台程しか置けませんので、満車の際は少し離れた湯沢市役所に置くなどして、くれぐれも路上駐車は控えてくださいね。

思ったより楽しめますよ!でも、見逃し注意を( *´艸`)

国道108号線で仙台に向かう際、看板は何度も見てましたが、中々寄る機会なく・・なので、思い切って寄ってみました、宮城県大崎市鬼首にある「鬼首かんけつ泉」へ!

案内看板を参考に、結構狭い道を進みます。国道108号線より約15分、思いのほか時間がかかりました。駐車場は、道路沿いに5台程、案内所付近に10台程あります。園内は、それほど広くはなく、全体を見歩くのに5分で済みます。一番奥に滝があるのですが、降りてはいけませんが見学はできるよう整備されてます。桜やつつじ、モミジなどの季節の草木」も植えられており、季節ごとに楽しむことができますね(*^^*)

園内を散策中、♫シュシュシュシュシュー!と音がしたので、急いで向かって撮った写真がこれです(#^.^#) 一気に噴き出すのではなく、最初に数回低い高さで噴き出て、その後ビッグウエーブが噴き出しました! 
毎回同じ吹き上がり方ではないでしょうが、見ていて気持ちの良い光景でした(*’▽’)

案内板では「約10分間隔で・・・」と書かれてありましたが、やはり自然のものなので、感覚はまちまちでしたので、気長に園内を探索して待ちましょう。
間欠泉は、園内手前の「雲竜」と、奥側の「弁天」があります。また、足湯や手湯、温泉卵のセルフ作成などもありますし、食堂やお土産屋さんもありますので、是非ご利用くださいませ。

近辺には、吹上高原キャンプ場や吹上温泉峯雲閣、リゾートパークオニコウベなどもあり、また、地ビール・地発泡酒・どぶろくも楽しめます。
峠を越えると「鳴子温泉郷」をはじめ数か所の温泉郷もあり、潟沼でのスタンドアップパドルボート、鳴子名物こけしの日本こけし館などもあります。旧道の鳴子ダムは紅葉の観光スポットとして有名ですよ(^_-)-☆
詳しくは、こちらを!
http://www.naruko.gr.jp/
https://www.onikoube.com/


偶然見つけたひまわり畑!圧巻の景色に圧倒されました(@_@)

2019年のお盆休み、思い付きで福島県へ!お目当ては「大内宿」でしたが、走行中見つけた「三ノ倉高原ひまわり畑」の看板。時間に余裕があったので、ちょいと寄り道を・・・なんだ、このひまわりの量は!(@_@)

斜面に果てしなく続くひまわり。まさに、圧巻の一言!
本来はスキー場で結構な傾斜地なんですが、その斜面いっぱいにこれでもか!という程ひまわりが並んでいます。宮城県三本木町にもひまわり畑があり有名ですが、正直比較にならないくらいスケールがでかい(三本木のひまわり畑ももちろん素晴らしいです)

少し雨模様でしたが、幸い雨はやんでくれたのはうれしかったんですけど、曇り空がちょいと残念でした(;´Д`)
高原ですので小高い所にあり、ひまわりを見下ろす先に喜多方の街並みが見えるロケーションも最高でした(#^^#)

こちら、春先は菜の花畑としても活躍しているようですね。しかも、前から行きたかった、同じ喜多方市内で福島県内でも有数な桜の観光地「日中線記念自転車歩行者道」のすぐ近くなことを発見( *´艸`)
来年は、桜と菜の花のコンビを見に来なければ(^^♪

最近では東北以外の方も訪れる人も多い「小岩井の一本桜」 冬も良いものですよ(*^^*)

岩手県の桜と言えば、盛岡市の「石割桜」と、北上市の「北上展勝地」と、ここ雫石町の「小岩井農場の一本桜」が3トップです。
実は、ここだけ冬の景色も楽しめるんですよ( *´艸`)

小岩井農場には桜並木もあるのですが、やはり一本桜が目当ての人がほとんどです。
岩手山とのコラボは、荘厳さの中一本桜が可憐に寄り添っているように感じますね。
この写真は、真冬の2月に訪れた際のものですが、運よく好天で青空に岩手山と一本桜が気持ちよさそうでした(^_-)-☆  山頂の雲が少し残念ではありますが、2月にこの空は中々拝めないので、これで良しとします(笑)

小岩井農場は、牛やヤギとのふれあいコーナーや、レストラン、農場の製品・お土産などの販売店などはもちろん、様々なイベントも行われます。
特に、11月下旬から行われる「ウインターイルミネーション」や、2月に開催される「いわて雪まつり」がお勧めです!
詳しくは、こちらを!
https://www.koiwai.co.jp/makiba/sakura/

小岩井の一本桜は小岩井農場内ではなく、少し離れたところにあります。少ない台数ではありますが、駐車場も完備されてます(季節によっては閉鎖されていますので、ご注意を)が、道路は結構狭いですので、路上駐車はやめましょうね(;^_^A
また、牧場内に咲いているため当然立ち入り禁止ですので、そちらもご注意ください。

買ってみました、デジタル一眼レフ EOS M100 !

特別定額給付金の請求書類が届きました(*’▽’)  正直あぶく銭なので、漫然と使って減らすよりは、何か形になるものに少し使おうと思い、思い切ってデジタル一眼レフカメラを購入することにしました!

事前調査にて家電量販店を何件かはしごしたところ、現品限りの手頃な商品がありました(^^)/ 機種は、「Canon EOS M100」です。ブログやFacebookに載せる写真を撮るためなので、全く知識もなく初心者にも使えるそうなので、給付金GET前ですが先に買っちゃいました(笑)

本体・レンズ2本・ストラップ他バッテリーなどの付属品で、約5万円でした。
お店の方に「何が必要なのか」をお聞きし、とりあえずSDカード64GBと補完ケースを購入。ただいま、操作方法や各種モードなどを悪戦苦闘しながら勉強してます。慣れるまで時間かかると思いますので、しばらく投稿はiPhoneXRの写真ですが、早くこのカメラで撮影した写真を投稿したいでね(#^.^#)


すっかり有名な観光スポットですね(#^.^#)

JR東日本の大人の休日倶楽部、吉永小百合さんのポスターで一気に有名になった、青森県鶴田町にある「鶴の舞橋」 その景観は、圧巻でした( ゚Д゚)

全長300mの日本一の木製3連太鼓橋と津軽富士の「岩木山」とのコラボは、春は桜、夏は新緑の緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、1年を通じて全く違う楽しみ方ができるスポットです(*^^*)  もちろん、すべての期間訪問しましたよ( *´艸`)
ちなみに写真は、初夏の日差しのものです。

この橋のある湖「津軽富士見湖」もまた、見ごたえ十分!橋上から眺めるさまは、まるで大海の様相。途中の休憩所から、晴れの日の陽射しを感じつつ湖面を眺める時間は、まさに至福のひと時。
詳細は、こちらを!
https://www.medetai-tsuruta.jp/spot/sightseeing/tsurunomaibridge.html

山形県の隠れた名勝!水の透明度が半端ない(@_@)

蔵王や加茂水族館、山寺(立石寺)など、数々の名勝がある山形県。その中で、知る人ぞ知る名勝がこちら。秋田県との県境にある遊佐町にある「丸池様」です。ちょっとわかりにくい場所にあり、また他に観光スポットがほぼないのでそれほど多くの観光客が来るような場所ではありません。

この池の特徴は何といっても、その水の透明度!池の底まではっきり見えるのです。写真にも写ってますが、倒れて水中に沈んでる枯れ木が見えますよね。これで十分と思いますが、実物はまるで水がないかと思えるほどの光景です。

この丸池様には、後三年の合戦で、鎌倉権五郎景正が目を射抜かれ、その敵を探し求め見事に討ち取ったあとにこの池で目を洗ったので、その後この池に住む魚は片目になったとの伝説があります。それが、まんざら嘘ではないように思える神秘さもかなえているスポットです(*^^*)
詳細は、こちらを\(^o^)/
https://mokkedano.net/spot/30180

突然現れる驚愕の光景!達谷窟毘沙門堂

歴史の町、平泉。平泉の文化遺産は、2011年に世界遺産に登録されました。有名な中尊寺や、観光名所の毛越寺など、見所は数知れません。その見所の中で、一際驚愕な光景がこちら「達谷窟毘沙門堂」です!

見てお分かりと思いますが、岩の中にめり込むように建立されております。しかもロケーションが、農村地帯の一本道をのんびり走っていると、突然赤い建物が現れるというもの。
詳細は、こちらを!
http://hiraizumi.or.jp/archive/sightseeing/takkoku.html

坂上田村麻呂が征夷の記念に毘沙門天を祀った岩窟で、何度か火災に見舞われてその都度建て直されてきました。また、岩肌に彫られている「岩面大佛(窟崖仏)」も、是非見ておきたいもの。
近くに「姫待ちの滝」という、悲しい謂れのあるスポットも拝見してほしいです。

大台スキー場は、冬のスキーだけじゃない!春も夏も秋も、素敵な風景が楽しめますよ(*^^*)

秋田県大仙市太田町にある「大台スキー場」 名前の通り、スキー場です。近隣にありモーグルW杯が行われる田沢湖スキー場ほど有名ではありませんが、大仙市民はじめ、秋田県内のスキーヤーに利用されている施設です。

このスキー場、雪のないシーズンはゲレンデを登っていける道路が整備されてあり、頂上に駐車場もあります。そこから眺める風景が素敵なんです!投稿した写真は5月中旬頃の、田んぼに水を張ったいわゆる「水鏡」に夕日が映っている風景です。空も地面も紅く照らされる風景は、息をのむ美しさ。多くのカメラマンが撮影に来てました・・・が、スマホで撮影は私だけでした(;^_^A

田植えの後は伸びた苗が緑の絨毯に、秋は稲穂が黄金の絨毯に紅葉と、四季を通じて楽しめるスポットですよ(#^.^#)
詳しくはこちらを。
http://daisenkankou.com/near/大台スキー場

この写真には映っておりませんが、左方向に鳥海山も見ることができます。
近辺には奥羽山荘と中里温泉があり、奇麗な風景を眺め温泉で体を癒していくのもお勧めですよ(*^^*)

ゲレンデの道路ですが、アスファルト舗装しているので、上るのは問題ないですが、道路幅が車一台分しかないので、安全を考慮し対向車に十分注意し、前もって待避所を利用するようにしてくださいね。
また、熊注意の看板もありますので、そちらもくれぐれもご用心を・・・

日本一の大イチョウ!ライトアップは、一見の価値大有り(*^^*)

日本一の〇〇〇と謳っているいる所、全国色々ありますよね?
こちら、隣県青森県の深浦町にある「日本一の北金ケ沢の大イチョウ」です。イチョウの木の大きさはもちろん、ライトアップの奇麗さが合わさって、まさに日本一!と実感できます。

この写真は昨年2019年11月、ライトアップ期間中に訪問した際のものです。実は2017年の夏に訪問したのですが、全く感動もせず、ただ道理すがりの看板を見て立ち寄っただけでした(;^_^A
しかし、色付いたイチョウの葉の色とライトアップの相乗効果で、それはそれは見事な景観!下から見上げる大イチョウは、まさに圧巻の一言(#^^#)

さすがにiPhoneの写真じゃ、壮観さや奇麗さは伝わりませんね(-_-;)
スケールの大きさや荘厳さも併せて、是非じかに見に行ってみてくださいませ(^^)/
深浦町の観光は、こちらをご参照に!
http://www.fukaura.jp/touristinfo/north/index.html#icho

少し距離はありますが、全国的に有名な温泉「不老ふ死温泉」も。もちろんおすすめですよ。